BLS:一次救命処置(Basic Life Support)



一般市民向け手順


BLSとは、Basic Life Support(一次救命処置)の略称です。 一次救命処置とは 、急に倒れたり、窒息を起こした人に対して、その場に居合わせた人が、救急隊や医師に引継ぐまでの間に行う応急手当のことです。専門的な器具や、薬品などを使う必要がないので、正しい知識と適切な処置の仕方さえ知っていれば、誰でも行うことができます。 具体的な例としては、次のことを行います。

BLS手順(一般向け)

1:意識のない人を見つけた、目の前で倒れた


              ↓周囲の安全を確認する。

2:緊急通報とAEDを要請する


              ↓

3:呼吸を確認する


              ↓大きな声で呼びかける、呼吸をしていないか正常な呼吸でない場合

4:CPRを開始する


手順
胸骨圧迫から開始する
  胸骨圧迫のみでもOK
  胸骨圧迫は
    ・強く、早く
    ・少なくとも5cmは圧迫する
    ・少なくとも1分間に100回のテンポで
    ・胸を毎回元の位置に
    ・圧迫の中断は最小限に
  人工呼吸ができるなら
    ・圧迫:人工呼吸は30:2の比率で
    ・人工呼吸は軽く胸が上がる程度で

AEDが入手できた場合
  AEDで解析し、指示されればショックを行なう
  CPRを2分行い、AEDで解析(指示されればショック)を繰り返す
  AEDの使い方
    ・まず電源を入れる
    ・音声指示に従う
    ・ショックをするときは誰も患者に触れていないことを確認して
    ・ショックの後はすぐに胸骨圧迫からCPRを開始する


●人のいのちを救うためにはトレーニングが必要です


あなたがBLSが必要な場面に遭遇した時、知識があっても、実践するのは困難かもしれません。
日本ACLS協会で開催されているコースでは、本当にBLSが必要なときに しっかりと実践できるよう、実技を中心としたトレーニングを繰返し 行うことで、有事の際に必要な技術を身体で覚えることができます。

日本ACLS協会で開催されているコースを検索する

これらのコースは世界規模で研究され、世界で最も標準的とされるAHA(アメリカ心臓協会)の知識と技術を身につけることが出来ます。

日本ACLS協会では世界中で研究された知識と技術に基づいたトレーニングを実施しています。